このこねこのこ

消えた猫の子、居ないこの子寝た駅 (回文)

ツタージャ

 ポケットモンスター。1996年に第一作が発売されて以降、メディアミックスや海外展開も経て世界的な人気を築いたビッグタイトルだ。日本ではまさに国民的ブランドの地位を確立していると言ってよく、詳しくは知らなくてもアニメをちょっと観たことがあるとか、ピカチュウぐらいは知ってるという人が多いだろう。

 ポケモンに登場するモンスターの数はこの20年ほどで800種を超え、デカい・ちっちゃい・カッコイイ・カワイイが一通り揃っている。そんな膨大すぎる種族の中に、とりわけ多くの人の心を掴んで離さないポケモンが一匹いる。

 ずかんNo.495、くさへびポケモン───その名は「ツタージャ」。イッシュ地方というところから冒険を始めるとき、パートナーとして最初に選べるポケモンの1体だ(ポケモンの主人公は冒険の最初に3種類のポケモンの中から1匹を選び、それをポケモン博士からもらって旅に出る)。今日はこのポケモンの持つマジ卍な魅力を、勢いだけで紹介したいと思う。

 

 

f:id:somalinlin2414:20190623202711p:plain

ツタージャ

ツタージャといえば「半目」

 面食いなそこのあなたに向けて、まずは容姿の話から。ツタージャは「くさへびポケモン」と分類されている通りコンセプトは完全に草でできた蛇で、まさに「藪蛇」とでもいわんばかりの姿をしている。

 数学的な美が隠れていそう(知らないけど)な流線型のシルエットに、みずみずしい生命力を感じさせる鮮やかな緑色。首元の襟のような器官の色合いが良いアクセントとなり、絵全体に締まりを与えている。小さくも綺麗にまとまったその姿は、しなやかさの中に独立した「個」を感じさせるいでたちだ。

 そんな完成されたデザインの中で何よりもまず目を引くのは、あの大きな「半目」であろう。ツタージャの魅力について考えるとき、おそらくほぼ確実に言及されるポイントだ。

 そう、最初にもらえるポケモンなんだからくりくりっとしたかわいいおめめをしておけばいいものを、コイツはどこかスレたような生意気な目でこっちを見てくるのだ。身体は小さく(実は体長60cmもあるが)、いかにもマスコット然としたかわいさなのに。このギャップがたまらない。

 実はもとからこれ以上まぶたが開かないというだけなのだが、こちらの感情をすべて見透かしたようなその目つきで見つめられたら、僕みたいな人間はもう興奮してしまう。各地で最初にもらえるポケモンの中で半目をデフォルトにしているヤツはツタージャしかおらず(他はキモリがそれっぽく見えるくらい)、これは彼の大きな特徴であるといえる。

 

 この半目のデザインには、ツタージャというポケモンの気質が大きく関係していると言ってよい。このポケモンの性格についてはゲーム中で「知能が高くとても冷静」とあるほか、アニメ版のポケモンでは「その賢さゆえにトレーナーの能力によっては自分から見限ることもある」といった設定が付加されているほどで、つまり総じてプライドが高い。

 トレーナーのことを平気で値踏みしてくるという意味で、文字通り「トレーナーを選ぶ」ポケモンというわけだ。そんな気むずかしい種族を初心者のパートナー候補に据え置くイッシュ地方の連中は明らかにどうかしているのだが、彼のそんな生意気さにあてられてしまう被害者は今日も絶えない。

 

 

■「ちっちゃい手」萌え

 次に触れたいのは、体躯に比して小さい両手である。「ブラック2」のポケモン図鑑によれば「手よりもツルをうまく使う」らしく、生物的な進化と退化の過程で自然に形成された大きさだと考えられる。デザインの細部にまで理論が徹底しているということだろう(適当)。なお、ツルは襟状の部分から出す。

 前述したような気高い意識を持った彼らが、こんなちっちゃいおててで木の実なんか持ってポリポリ食ってる──。そんな姿を想像すると、僕みたいな人間はもう絶頂してしまう。あまり使わない器官であるがゆえに、うまく持てずに落っことしそうになったりするかもしれない。そんなの可愛くないわけがない。スカした生意気半目ヤローのそんな一面を見てしまったら、個人利用(何に??)のために隠し撮りせずにはいられない。

 まぁメシもツルを使って食ってるかもしれないが、想像なのでなんでもありである。はあ…試してみたい。ツタージャに木の実を差し出したとき、手とツルのどっちで受け取るのか試してみたい!!

 デザイン上の観点から言うと、そもそもモチーフが蛇なので積極的に手足を表現する必要性があまりないことが影響していると考えられる。よってこれはまさに設定が生んだ奇跡のフォルムといえる。ツタージャが木の実食ってるイラスト、もし情報をお持ちの方がいたら僕にも教えて下さい。

 

 

■可愛さと機能を両立する「しっぽ」

 さて、そんな小さな手とは対照的に、尾部には大きな葉っぱがついている。これがあることでツタージャのちっこさがより引き立ち、結果ここまでに挙げた魅力がより強調されている。そしてこの葉っぱ自体も可愛い。つまりツタージャはすべてが可愛い。

 これは光合成を行うための器官で、ここに太陽の光をたっぷり浴びてエネルギーを得ることでツタージャの動きが鋭くなる。また、何らかの原因でツタージャが元気を無くすとこの葉はたれ下がり、不調であることが一目でわかる。

 つまり、人間からすればこのしっぽはそのままツタージャの心身のバロメーターになるわけで、実際にパートナーとして付き合っていくうえでこれほどわかりやすい指標はない。少なくとも人間よりずっと楽である。こういった実際の飼育(?)のしやすさという面でもツタージャには大きな魅力があるのだ。何?ツタージャは現実にはいないから関係ないって?だからどうした、頭の中で飼うんだよ。

 

 ここまでをまとめると、(1)おめめがかわいい!(2)おててがかわいい!(3)しっぽがかわいい!である。総じて、ツタージャというポケモンは設定・デザイン・機能性が見事にマッチしており、完成度の高さを評するには十分すぎるモノを持っている。

 

---- 

 さて、ここまでツタージャの外見の魅力を列挙してきたが、ポケモンといえばやはりポケモンバトルである。世のポケモントレーナーは、「目と目があったらポケモン勝負」と言い放つほど好戦的な連中であり、作中でもことあるごとに勝負をしている。そうなると、ツタージャのバトルセンスについても言及しないわけにはいかない。なのでここからはこのポケモンの戦い方の面から魅力をさぐってみよう。

 と言っても、ゲーム的には最終進化形でのバトルを想定することが多い。ツタージャはLv.17でジャノビー、Lv.36でジャローダというポケモンに進化するが、進化しても能力傾向やギミックは変わらないので、多少無理やりではあるがここでは総合して「ツタージャ系統」の戦い方として紹介する。

 

 

f:id:somalinlin2414:20190623202813p:plain

ツタージャとその進化
 

■「くさタイプ」の特徴

 ツタージャ系統のタイプは「くさ」である。ポケモンおよび彼らの使うわざにはタイプと呼ばれるカテゴリーがあって、タイプ間には相性(耐性)が設定されている。要は、相性の良いわざで攻めると2倍、悪いわざで攻めると0.5倍のダメージを与えることになる。ほのおタイプのポケモンにみずタイプのわざで攻撃すると2倍、逆は0.5倍、といった具合だ。

 植物は基本食われる側だからなのか、くさタイプは他タイプと比較して弱点が多く、耐性を持つ相手も多い。一般的には扱いにくいタイプとされている(そのかわりくさタイプが得意とする相手は他タイプでは優位に立ちにくいものが多い)。

 くさタイプの強みはタイプ相性よりも豊富な搦め手にあり、「しびれごな」など状態異常を引き起こすわざを始め、自分や相手の能力を上下させるもの、毎ターン相手のHPを吸い取る「やどりぎのタネ」のように他に例のない効果を持つものなど様々用意されている。

 これらのことから、くさタイプは単純なアタッカーというよりも(もちろん攻め攻めなポケモンもいるが)、補助技を絡めるなどして独自の役割を確立するややテクニカルなバトルスタイルを想定してデザインされたと考えるトレーナーが多い。

 

 

■猛進しないヒーロー

 ツタージャ系統のステータスは「守備寄り」である。能力の配分から言えば粘って居座るタイプで、今話したような「場を整える」戦いがしやすいという格好だ。

 また、最大の特徴として耐久以上にすばやさが高く、それによって翻弄のチャンスがいっそう確実に狙える。前述の通りくさタイプには特有の脆さがあるが、ツタージャ系統はそれを敏捷性でカバーできるのだ。

 反面、素の状態だと殴り合いのパワーはそれほど高くない。そのため、全国の子どもたちが憧れそうな「一番の相棒といっしょに目の前の相手をガンガンぶっ飛ばしてくぜ!」というイメージとはややそぐわない。最初のパートナーなのだからプレイヤーにとってはまさに「準主人公」といえる存在だが、両者の関係性はサトシとピカチュウのそれとは毛色が異なるのだ(まあ、ストーリー攻略では細かく考えずフルアタにして殴ってても何とかなるのだが)。

 じっくり頭脳で戦うツタージャ一族、定式化されたヒーロー観に一石を投じるその生き様がシブい。

 

 

■コンセプトが活きる「とくせい」

 各ポケモンにはわざやステータスとは別に「とくせい」という特殊能力があって、特定の条件下で効果を発揮してバトルや冒険に影響を与える。たとえば「せいでんき」のとくせいを持っているピカチュウは戦闘中に触れてきた相手を麻痺状態にすることがあり、「いかく」を持つアーボックなら場に出た途端相手を威圧して攻撃力を下げることができる。

 ツタージャ系統のとくせいは「しんりょく」または「あまのじゃく」 。しんりょくはピンチになるとくさタイプの技の威力が上がるといういかにもヒーロー仕様のとくせいだが、問題はあまのじゃくである。これは「戦闘中の能力上下を逆転させる」という効果で、たとえば先に挙げた「いかく」持ちを相手にすると、威圧されているにも関わらず攻撃力が上昇する。たぶんほんとは怖いのに。相手からすればそれこそ藪をつついて蛇を出す事態になるわけで、自らのコンセプトをこれでもかと体現していくその姿はもはや芸術に近い。

 ここまで述べてきたように無駄にマセていてプライドの高いツタージャ一族が、敵の威嚇に対し子供のような強がりを見せている──そんな姿を目の当たりにしたら、僕みたいな人間は絶対にもっといじめたくなってしまう。あるいは、そのプライドゆえに相手にデカい顔して出てこられると腹が立つのかもしれない。あまのじゃくという特性は様々な可能性を示唆する、戦闘面でも妄想面でも実用性抜群の強力なものなのだ。

  「リーフストーム」というくさタイプの大技(葉っぱの嵐で大ダメージを与えるが、反動で使用者のパワーが大きく下がる。葉っぱごときで大ダメージなのだから相当な暴風である)とあまのじゃくを組み合わせれば、本来下がるはずのパワーが上がるため使うたびに威力が強まっていくことになり、戦いの中でどんどんムキムキになる草蛇の姿を拝むことができる。前項までの内容と併せると、相性面にくさタイプ特有の癖があるものの、ツタージャ一族には「補助にも攻めにも適性が高い」という稀有な特長が見えてくる。プライドの高さは伊達ではないのだ。

 

 このように、ツタージャ系統には設定を踏まえつつゲーム的な個性も確保したスペックが与えられており、その徹底ぶりからは開発陣の気合いの入れようが窺える。はじめから人気を狙って考案したに違いない。なんともあくどい話である。

 

----

 以上、容姿と強さの両面からツタージャ(とその系統)の魅力について書き手の性癖を交えながら書いてみたが、いかがだったろうか。ポケモンをよく知らない人にこそわかってもらえるよう基本的な事柄を中心に据え、説明も詳細にするよう心掛けたつもりだが、本当に勢いだけでやってしまったので多少の読みづらさはご容赦願いたい。

 もちろん、今回伝えきれなかった魅力もまだまだあるだろう。それはこれを読んだあなた自身が見つけ出して、ぜひ僕にも教えてほしい。

 もし次を書く機会があるとしたら、「がまんポケモン」などという常人の発想とは思えない概念を持つポケモンソーナンス」についてお話しできたらと思う。

妖怪「強零」の話

 日本には様々な妖怪がいる。より正確に言えば、いるとされている。川には河童、山には天狗、ゲゲゲの森には猫娘。何かよくないことがあると全部「妖怪のせい」とする文化まであるほどだ。それくらい「物の怪」の観念は日本に深く根付いている。

 妖怪の数は数え切れないとも、およそ1000種類に集約できるとも言われているが、多数の妖怪を詳しく知っているという人はそれほど多くないだろう。「日本の妖怪を知っているだけ挙げよ」といわれて十も二十もポンポン答えられたら、そいつ自身が妖怪である。

 世間一般に知られておらず、当然信憑性も検証できない。「強零」も、そういった妖怪のひとつだ。

 

 「強零」(きょうれい)は、江戸時代ごろから文献に現れ始める妖怪である。体液を飲ませることで人間に取りつき自我を失わせ、奇行に走らせたり意識を失わせたりするという。姿形については多くの異説があるようだが、細長い筒のような身体に顔が付いた妖怪として描かれることが多く、お世辞にも生物らしいとはいいがたい。

 取りつかれた際の影響は多岐に渡るが、多くの場合まず宿主が躁のような状態になる。精神が異常に興奮し、宿主はその身に抱えきれないほどの強い高揚感を覚える。それが噴出した結果、奇怪な言動を繰り返す・道徳観念が希薄になる・暴力的になるなどの影響が現れる。文献にある暴力事件の記録の中には、「強零のしわざかもしれない」と付言されているものが何件もある。

 躁状態になり、ある意味で元気になったように見えるのはまさに「強零」によってその生気が吸い取られている最中だからである。初期段階では普通に元気になった場合と見分けがつかず、周囲の人間も気づけない。生気が半分ほど奪われると、宿主はひどく「強零」の体液を求めるようになる。それによってはじめて周りも気づくが、この段階になるともう宿主は戻って来られない。

 生気の減少は神経に響く。末期の宿主は視界も判然とせず、言葉を喋ってもろれつが回らず、何を言っているかわからなくなる。江戸の町人たちはこの聞き取れない言葉を「強零」の現世への怨嗟だと考え、恐れ、忌避した。決して聞かぬように、その場から逃げ出した。もはや人ならざるものと化した宿主だけが取り残され、誰にも、家族にすら看取られぬまま骨の髄まで啜り尽くされる。

 「強零」は、宿主の生気を吸いつくすとすぐさま次のターゲットを探す。エネルギーの抜け殻となった宿主が強烈な眠気に襲われるのに乗じて、まさに「眠るように」気を失わせる。直接殺すことはしない。生気が無い以上放っておいてもそのまま死んでしまうから不要だと考えているようだ。用済みになった身体を見限り、体液は穴という穴から噴き出し本体に戻る。そして何食わぬ顔をして次の宿主を求めるのだ。

 実際は、「強零」に生気を奪われても生還する例のほうが多かったようである。しかし、生還した者の大半は取りつかれている間の記憶をなくしており、後になってから自らの犯した行為を嘆くことになる。身体面でも不調を訴え、嘔吐する事例が多数を占めている。だがそれだけではない。一度憑かれた人間はもう人間には戻れないというのが当時の観念である。たとえ生還してもその後の人間関係には大きな支障をきたし、悲観して自ら命を絶つ者もいたようだ。

 

 ちなみに「強零」の体液には様々な味があり、総じて果物のような風味が多い。これは人間が親しみやすい味を持つことで効率よく生気の回収を行うためだろうと考えられている。しかし、ある文献によれば「-196℃に達するほどの冷気を含んでいるものもある(現代語訳)」という。この記述は今なお民俗学者や妖怪学者の頭を悩ませているが、ここでは深く立ち入らないことにする。

 また、実は「強零」という表記は原典に忠実なものではない。歴史上、「強零」が初めて登場する文献は『酒気者物怪類聚』(すきものもののけるいじゅう)であるが、これには「彊霊」と記されている。「彊」は「強」と同じく、力がつよいことを表す漢字である。当時の町人たちには字形が難しすぎたのか、その後の記録ではやはり「強」と書かれた例が多いようだ。一方、「霊」がわざわざ「零」になった理由は定かではないが、取り憑かれると前述のように自我を奪われること、侵されている間の記憶は残っていないことなどから、「レイ」という音が「無」と意味的類似の強い「零」のものだと解釈されること(つまり誤解)が多かったのではないか、と推測する研究論文がある。

 出島での貿易をきっかけとして、日本が鎖国下でもこの妖怪と脅威は世界各地に広く知れ渡ることとなった。そのインパクトは絶大で、世界最大の妖怪事典『Oxford Mononoke Dictionary』(OMD)にも「STRONG ZERO」として記載があるほどである。

 現代では妖怪学者の間でも「強零」の存在は確認されていないが、ひょっとしたら気づいていないだけで、今でも「強零」は私たちの近く、たとえばコンビニやスーパーのような場所で、虎視眈々とバイタリティを狙っているのかもしれない…というのは、さすがに考え過ぎだろうか。

 恐ろしや恐ろしや。